ワキは何故黒ずむのか?

テレビを見ていて、モデルさんやタレントさんのワキの下を羨ましく思ったことはありませんか?
今の時代は、ワキのムダ毛をきれいに処理をし、つるつる美肌の方がほとんどです。ですが中には、ワキの下に自信が持てない方も多くいらっしゃいます。
きれいなワキになりたいと願っているのに、ムダ毛の処理をしてお手入れすればするほど、ワキの黒ずみや毛穴のぶつぶつがどんどんひどくなっていく、といったパターンに陥っている方がいます。
実はそれが大きな落とし穴。ワキのムダ毛を処理する時に、カミソリを何度もあてたり、毛抜きで無理に引っ張ったりすることが、ワキの黒ずみの原因になっているのです。以外にそれに気が付いていない方も多く、何年も自己ワキ処理を続け、肌を傷めてしまっています。
肌をこれ以上傷めないためにも、早めのケアとムダ毛の脱毛を行い、モデルさんやタレントさんのようなワキを一日でも早く手に入れましょう。
そのためには根気のいるケアが必要になりますが焦らず続けることで、黒ずみはマシになっていきます。

その他自己処理によるトラブル

ワキの下のトラブルは、黒ずみだけではありません。
毛抜きなどを頻繁に使用している方などは、鳥肌といった、毛穴がぶつぶつ盛り上がった状態になったりすることもあるので、十分に注意が必要です。
何年も自己ワキ処理を毛抜きでやり続けている方のほとんどは、この盛り上がった毛穴で悩まされる羽目になっていることでしょう。
毛抜きで引っ張るときに毛穴まで一緒に引っ張ってしまうので、こういった症状になってしまうのです。
重症になると、毛が途中で切れてしまい、毛穴の中で埋まってしまう埋没毛などを引き起こしたりもします。見た目にも汚らしく、ほじくらなければ毛はでてきてくれません。
自分で毛抜きなどでほじくってしまうと、細菌感染などの恐れもあり、しこりや腫れ、出血の原因になってしまうこともあるので、このようになってしまった場合は、必ず皮膚科で処置してもらうようにしてください。
このような刺激が毛穴を傷つけ、肌をどんどん汚していくので、心あたりのある方は今すぐ自己ワキ処理を見直すようにしてください。